投稿日:2024年1月3日

マンションの防災設備点検の必要性

こんにちは!
埼玉県草加市に拠点を構える株式会社DPSです。
越谷市や川口市など、1都4県にあるオフィスビルからマンションやアパート、戸建てなどの住居まで、さまざまな建物の消防設備点検のご依頼を承っています。
マンションやアパートに住んだ経験がある方なら、一度は「防災設備点検」を受けたことがあるのではないでしょうか。
そんな「防災設備点検」はなぜ必要なのか解説していきます。

防災設備点検とは

白壁と消火栓
防災設備点検は「防災管理点検」と「消防用設備点検」の2つに大きく分けられます。
「防災管理点検」は、学校やホテルなどの大規模建築物が地震などの災害で起こる被害を最小限に抑えるために実施される点検です。
大規模建築物の避難経路に使われる階段などに物が置かれていないか、計画に基づいた防災管理が適切に行われているかなどの点検が実施されています。
「消防用設備点検」では、2種類の点検を実施します。
1つめは総合点検です。
消防備品の一部、もしくはすべてを作動させて防災機能の問題が起きていないかを確認します。
2つめは、ガス漏れ警報器や火災報知器などの警報設備や、消化栓やスプリンクラー、消化器などの消火設備、避難用はしごや防火扉などの避難設備が整っているのかの機器点検が行われます。

防災備品点検の重要度

定期的な防災設備点検は、消防法により定められたマンション管理者の義務です。
半年に一度の点検が定められ、3年ごとに消防署長あるいは消防庁に報告する必要があります。
防災点検や報告を怠ってしまうと、マンションの管理を第三者に委託していなければ保有者に、第三者に委託している場合は管理者に、罰則が科せられることになります。
罰則を科せられないようにするためもありますが、マンションの入居者の暮らしを守るというためにも防災点検は重要です。

防災設備点検の流れ

まず、防災設備点検を業者へ依頼して、マンションの防災設備点検を点検してもらいます。
管轄の消防署や出張所へ点検結果を報告します。
防災設備に不備があった場合は、修繕の予定を記載した書面の提出も必要です。
後日、防災設備を修繕し点検は完了となります。

防災設備点検は株式会社DPSへお任せください

スマホ問い合わせ
万が一、災害などが起きた時に防災設備が故障していると、被害が大きくなってしまう可能性があります。
管理するマンションが大きな被害に遭わないようにするためにも、防災設備点検を定期的に行うことが大切です。
株式会社DPSでは、安定・安心・安全を徹底した防災設備点検を行わせていただきますのでお気軽にお問い合わせください!
最後までお読みいただきありがとうございました。

株式会社DPS
〒048-959-9775 埼玉県草加市氷川町2117-6西口パークビル301号室
TEL:048-959-9775 FAX:048-959-9776

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

消防法の改正があったのを知っていますか!?

消防法の改正があったのを知っていますか!…

埼玉県草加市の株式会社DPSです。今回は、消防法の改正について執筆してまいります。 消防法の改正があ …

一都四県に消防設備の3つのAを届けます!

一都四県に消防設備の3つのAを届けます!

埼玉県草加市の株式会社DPSは、越谷市をはじめ一都四県にて消防設備点検のご依頼を承っている会社です。 …

弊社の業務をご紹介します

弊社の業務をご紹介します

株式会社DPSは、埼玉県草加市を拠点に1都4県で消防設備点検に携わっています。戸建て住宅やマンション …